前へ
次へ

美容院の人気の高まり

美容院に行く頻度についての話題が高まりを見せています。
今般の美容院では、髪の毛をきれいにするだけにとどまることなく、美容意識を高く持つ人のすべてのニーズにこたえようとする試みが話題となっています。
美容院を訪れるのは、若い世代の人はもとより、シニア世代の人にいたるまで老若男女問わずのものといわれています。
昨今の高齢化社会の到来により、シニア世代の動向が注目を集めています。
日本においては、全人口に占める高齢者の割合は大きく、シニア世代の意向は無視できなくなってきています。
言い換えれば、シニア世代に受け入れられれば、成功の確率が高まるといえます。
美容院においても、これまでのように若い世代の人のみをターゲットにしたサービスだけでは、生き残ることが難しいといわれています。

男女の美容院利用頻度の差

男性と女性では、美容院の利用頻度に大きな差があります。
まず男性ですが、1ヶ月から2ヶ月に1度利用すると答えた人が約6割とほとんどの人が似た回答となったことにくらべ、女性は3ヶ月に1度が3割、残りは半年から1年に1度との回答でした。
なぜここまでの差がでるのでしょうか。
その理由としては、一度の美容院の利用でかかる金額が男性は3000円前後との回答だったのと比べ女性は5000円から6000円と高額であることがあげられます。
また、会社勤めをされている人でも、女性の場合は髪の毛が伸びたら結べば問題はないとの回答をしたのと比べ、男性は襟足まで伸びたら切らないといけないなどの規則があるため仕方なくいかなくてはならないとの回答が大きかったことが理由とあげられます。

Page Top