前へ
次へ

美容院への来店頻度について

美容院を経営される方にとって、来店頻度の高い客は重要な顧客となると考えられます。
実際、頻度は人により様々で、月に1回の人もいれば半年に1回の人もいます。
なぜ違いが出てくるのでしょうか。
そもそも、おしゃれに気を遣うタイプか否かにもよりますが、髪の長さ、カラーをしているか、また季節によっても異なると考えられます。
特に髪が短いと必然的に通う回数は増えるでしょう。
結局のところ、美容院に通う頻度は、髪が伸びてくることによってどの程度印象が変わってしまうかによると思われます。
短い方が印象が変わりやすく、すぐに違和感が出てきてしまいます。
経験則では、女性よりも髪の短い男性の方が、美容院に通う頻度が高いように思います。
美容院は女性主体と考えがちですが、経営される側に立ってみれば、男性客を取り込んでいくことが重要な経営課題の一つといえるでしょう。

美容院を訪れる頻度は人によって異なる

美容院では伸びた髪をきれいにカットしてもらうだけでなく、髪を染めて髪色を変えたり、パーマをかけてイメージチェンジをすることができます。
また、頭皮や首、肩のマッサージをしてくれる店も数多くあり、リラックス効果を求めて美容院を訪れる人は少なくありません。
美容院に行く頻度は人によってかなり差があります。
髪をカットしてから2ヶ月くらい経つと髪が伸びて髪形が崩れ始めるため、2ヶ月に1度の頻度で訪れる人が多いです。
常にきちんとした印象を保つために、1ヵ月に1度や半月に1度の頻度で訪れる人もいます。
最近は自分で髪をカットするセルフカットが流行っており、半年に1度や1年に1度くらいの頻度でしか美容院に行かない人も増えてきています。

Page Top